【バナナフィッシュ】アッシュの過去と英二との関係

2020年6月27日

不思議な魅力を持つキャラクターは数多くいます。

その中でも「バナナフィッシュ」のアッシュ・リンクスは最も魅力のあるキャラクターの一人だと言えるほど人気を持ち

その生い立ち、美貌、才能が作品の中のキャラクターのみならず、原作・アニメを見た読者でさえも惹きつけ

アッシュが死んだときは、多くの人が悲しみました。

そんな人々を魅了するアッシュには、悲惨な過去があることをご存じでしょうか?

なぜアッシュが、ストリートのボスになったのか、英二との関係やバナナフィッシュを追う理由などについて紹介していこうと思います!!

【バナナフィッシュ】アッシュの過去

幼いころ野球少年だったアッシュは、8歳のころ野球チームの監督にレイプをされてしまう。

その監督を訴えても「お前が誘った」などと言われ、心に深い傷を負い

その後も、地元の男性からレイプをされ続けてしまい、レイプが原因で幼いアッシュは銃で人を殺してしまう。

その後、アッシュはゴルツィネの経営する、少年の男娼の店に売り飛ばされ、日々性的虐待を受けていた。

そんな中、ゴルツィネはアッシュの才能を見に抜き、様々な教育を施し、自分の後継者として育て始める。

アッシュは成長し、ゴルツィネの教育で磨かれた、射撃、格闘、知識などを使いニューヨークの不良たちをまとめ上げるボスになっていく

比類なき才能、カリスマ性、美貌を持つ彼に不良たちは付き従い多くの仲間がいた。

仲間たちと日々を過ごしている中で、ゴルツィネに追いかけられていた男から「バナナフィッシュ」という言葉知ってしまった事がきっかけに

「バナナフィッシュ」とは何か、バナナフィッシュにの謎を解こうとしてしまいます。

それが影響で最愛の兄も、友人も失ってしまうなど、常人では堪えられないほどの経験をしてきたアッシュ

幼いころから、性的虐待を受けたことからトラウマを植え付けられるなど、男に翻弄されてきた人生を送っています。

【バナナフィッシュ】英二との関係

これほどまでに悲しい過去を持つ、アッシュそんなアッシュが心許せる最愛の友人が「奥村英二」です。

彼は、日本で棒高跳びの選手でしたが、ケガの影響で棒高跳びができなくなっていました。

そんな彼を元気づけようと、カメラマンの伊部俊一は、彼をカメラアシスタントとしてアメリカに連れていきます。

そして、アメリカで英二はアッシュと出会い「バナナフィッシュ」の陰謀に巻き込まれていくのです。

アッシュは英二とであい、その裏表のない無邪気で、損得勘定抜きで自分を思ってくれる彼に心を許していきます。

この二人は、親友であり、兄弟の様でお互いが、お互いを思っており、アッシュは英二と出会えたことが、自分の人生の幸せだと思わせるシーンもあり

英二の為に、自分の命を投げ出すシーンまであります。

【バナナフィッシュ】アッシュの過去と英二との関係まとめ

アッシュという、一人の青年の人生がとても悲惨なものでしたが、

英二という最愛の友人と出会えた幸せはその悲惨な過去に負けないものだったと思います。

二人の無償の愛は、アニメ・原作を見て人に、大きな感動を与えたと思います。

関連記事

【バナナフィッシュ】アッシュは死んだのか!?

【バナナフィッシュ】アッシュの声優は誰?

【バナナフィッシュ】アッシュの過去と英二との関係