【ダンまち】リュー・リオンについて

2020年6月19日

画像

大人気ライトノベル作品である「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」略して「ダンまち」

アニメ化、映画化もされている大人気作品である「ダンまち」には、個性豊かで魅力的なキャラクターが多く登場しますが、その中でも特に「ダンまち」ファンから愛されているキャラクターと言えば、「リュー・リオン」ではないでしょうか。

ダンまちの中でも1位、2位の人気を誇り、リューを主軸としたスピンオフ作品なども発売してるほどの人気キャラクター

その、悲惨な過去と、クールで頼りになるキャラクター性を持つ「リュー・リオン」について、今回はご紹介させていただきます!

ダンまちを視聴!

【ダンまち】リュー・リオンの基本情報

「リュー」は「豊饒の女主人」という酒場で働く、22歳の女性エルフであり、オラリオ有数のLv4であり第二級冒険者

「ダンまち」のストーリーの中でも重要人物に一人とされています。

薄い緑色の髪色をしておりエルフ特有の尖った耳をしています。

美人系でクールな顔立ちをしており、しゃべる時は基本誰に対しても敬語という事もあり、少し近寄りがたい雰囲気を持っています。

性格は、外見通りクールですが、おっちょこちょいな部分も見られます。

基本的には優しく困った人がいると助けてあげたりと、お人好しな面もありますが、自らの敵となった人には容赦がなく、リュー自身も「私はいつもやりすぎてしまう」と反省することがあるほどです。

では次にリューの悲しき過去についてご紹介させていただきます。

【ダンまち】リュー・リオンの過去

リューは、「豊饒の女主人」で働く前は、アストレア・ファミリアに所属しており、「疾風」として名を馳せ冒険者です。

その実力は、まだリューが所属していたアストレア・ファミリアが在ったころですが、剣姫と呼ばれる最強の冒険者の一角「アイズ・ヴァレンシュタイン」と比較されるほどの実力を持っている冒険者でした。

【ダンまち】アイズについて

そんなリューが、「豊饒の女主人」で働く事になった経緯は、闇派閥「ルドラ・ファミリア」というファミリアが原因で、アストレア・ファミリアに所属していた団員がリュー以外全滅してしまい、アストレア・ファミリアは壊滅

アストレア・ファミリアの団員達の仇を取るべく、「ルドラ・ファミリア」の団員を次々に闇討ちしていったリューは、ある時力尽き、そこを「豊饒の女主人」で働く、「シル」に助けられます。

助らたリューは一命は取り留め、その後「豊饒の女主人」の店主「ミア」に食事をいただい際、食事代として法外な代金を吹っかけられ、その食事代を返済するために「豊饒の女主人」で働く事になりました。

【ダンまち】リュー・リオンについてまとめ

常にクールなリューが、時折見せるおっちょこちょいな部分がギャップになり、そのギャップはダンまちファンから支持される理由の一つではないでしょか。

個人的にも大好きなキャラの一人なので、今後の活躍も期待しています!

ダンまちを視聴したい!という方は、こちらがおススメです!

ダンまちを視聴!

最後までお読みいただきありがとうございます(__)

関連記事

【ダンまち】アイズの正体は?

【ダンまち】ヘスティアの能力など

【このすば 】ウィズの初登場回についての紹介!

【このすば】めぐみんの告白後キス!二人の関係について

【このすば】アクアはパンツを履いてるのか考察!